PR:

慶應義塾大学【対立大2回戦】途中逆転するも粘り足りず、先勝を許す

対立大2回戦   慶大2―4立大 ( 2017年4月23日    神宮 )

同点打の小原和(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 なんとも悔しい引き分けとなった1回戦。昨日と同様に白熱した投手戦が繰り広げられた。先発した高橋佑樹(環2)は2回に先制点を許したものの最小失点で切り抜ける。5回に逆転した慶大だったが、続く6回に立大・山根に2ランホームランを打たれ、流れは一気に立大へ。シーソーゲームとなった今日はチャンスで1本が出ず、事実上の1戦目は黒星となった。

 昨晩降り続いた雨も止み、青空が広がった神宮球場。1回戦の悔しさを雨に流し、晴れやかに勝利を飾りたい慶大だった。

 立大の先発は、前回登板で初完投を成し遂げた手塚。慶大ナインはヒットが出るものの、打線がつながらない。一方、慶大の先発・高橋佑はまずまずの立ち上がり。初回、内野安打で出塁した立大・熊谷の盗塁を同じ仙台育英出身の郡司裕也(環2)が刺しピンチをしのぐ。しかし、2回に再び内野安打でランナーを出してしまうと立大の打線はつながり先制点を奪われた。失点を1に抑えたが、のらりくらりのピッチング。4回で84球を投げマウンドを降りた。

 試合が大きく動いたのは5回。倉田直幸(法4)が二遊間を抜けるヒットで出塁すると、照屋塁(環4)が初球でバントを決め、ランナーを得点圏に進める。バッターは代打・小原和樹(環2)。フルカウントに追い込まれた7球目、小原和の放った打球はレフト線への同点打となった。続く天野康大(環4)がエラーで出塁し、2死一、三塁の場面で柳町達(商2)がライト正面の適時打を放ち、慶大は勝ち越しに成功した。

 継投した土井涼(商2)がその裏を打者3人で抑える。完全に流れをつかんだと思ったのは束の間、6回に土井は立大打線に捕まる。先頭に長打を許すと、前カードでも本塁打を放った山根に2ストライクから打球をスタンドに打ち込まれた。すぐさま逆転を許してしまった慶大は再び流れを奪われる。継投にでた立大は、エース藤田と注目のルーキー中川をマウンドへ。慶大打線は両投手を前に沈黙してしまった。7回以降、ランナーを一人も出せないまま試合終了。熱鉄を飲む結果となった。

 誰もが勝ちを確信していた。後半で相手のペースにのまれてしまったが、7安打にノーエラー、投手陣も良く投げた今日は紙一重の差だったといえよう。両チーム共に勝ち点差1で明大を追いかける今、このカードを落とすことはゆるされない。今日までの2戦とも勝てるチャンスはいくらでもあった。その好機を掴むことができないのは何故なのか。今日味わった悔しさを晴らしてほしい。(慶應スポーツ新聞会 記事:千綿 加華)

[ 2017年4月25日 08:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム