PR:

慶應義塾大学【対東大2回戦】投打かみ合い大量得点で快勝

対東大2回戦   慶大11―2東大 ( 2017年4月16日    神宮 )

今季第1号ホームランを打ち、最終回にはファーストを守った郡司(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 初戦を白星で飾り迎えた2回戦。岩見雅紀(総4)の特大ホームランを皮切りに打線が爆発し、序盤から大量得点を奪った。終盤に追加点はなかったものの、先発の高橋佑樹(環2)をはじめとした投手陣が失点を最小限に抑え、11―2で快勝。今季初カード、2連勝で勝ち点を獲得。幸先の良いリーグ戦のスタートとなった。

 今季初カードとなった東大戦、1回戦では勝利したものの内容に課題が残った慶大。2回戦には危なげなく勝利し勝ち点1が欲しいところだ。

 試合開始直後は両校とも沈黙していた打線。しかし、2回表に岩見がバックスクリーン直撃の特大ホームランを打ち込むと、慶大打線が目を覚ます。郡司裕也(環2)、清水翔太(総4)の連続ヒットで2点目を獲得すると、3回表には相手投手の四球でもらった無死一・二塁のチャンスで郡司がレフトポール際のホームランを放ち、3点を追加した。勢いに乗った慶大は、4回表、相手の四球や瀬尾翼(理4)と柳町達(商2)の連続ヒットでランナーをため、四球押し出しと清水のツーベースで合計5点を追加。チャンスをしっかりとものにし、ビッグイニングを作った。

 守っては、先発高橋佑が3回までほぼ完璧なピッチングを見せ、試合のリズムを作った。4回に制球を乱す場面も見られたが、粘り強い投球で立て直し失点を2に抑えると、6回以降継投した投手陣もそれぞれが実力を発揮し東大打線を寄せ付けない。

 試合終盤に慶大の追加点はなかったものの、堅い守備で東大に隙を与えなかった慶大。最後は菊地恭志郎(政3)が危なげないピッチングでピシャリと締め、11―2で勝利を収めた。

 試合序盤の大量得点で手にしたこの勝利。岩見は昨季の早大2回戦から年またぎの3試合連続ホームランとなる。相手のミスでもらったチャンスは存分に生かしきれた。しかし、相手エース登場後には打線がつながらなかったのも事実であり、リーグ優勝を見据える慶大としては課題が残った。勝ち点1は獲得したものの、まだリーグ戦は始まったばかり。気を引き締めて次戦の立大戦に臨みたい。(慶應スポーツ新聞会 鈴木優子)

[ 2017年4月18日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム