PR:

慶應義塾大学【対法大2回戦】4番の一発で逆転するも勝ち切る事が出来ず悔しい引き分け

対法大2回戦   慶大3-3法大 ( 2017年9月24日    神宮 )

スタンド中段に特大HRを放った岩見(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 東大戦に引き続きカードの初戦を落とした慶大、何としても勝たなければならない試合となった。中盤まで三振が目立ち完全に抑え込まれながらもワンチャンスでの2本の長打で効率よく3点を取ったが、投手陣が踏ん張り切れず勝ち切ることが出来なかった。

 前日の初戦を落とし前週の東大戦と同様、厳しい状況に追い込まれた慶大は東大戦三回戦で好投した津留崎大成(商2)を先発のマウンドに送る。津留崎は序盤、2回と3回にそれぞれ2死三塁、1死一、二塁と得点圏にランナーを背負うも要所はしっかりと締め我慢のピッチングを続ける。そんな津留崎を援護したい慶大打線だったが、一巡目はアンダースローの変則投手を攻略できず前日同様に重苦しい雰囲気が立ちこめる。4回にようやく柳町達(商2)がチーム初ヒットを放つもチャンスを生かせない。一方、郡司裕也(環2)が正確なスローイングで盗塁を刺すなど4回まで強力法大打線を抑えていたが、5回の先頭にツーベースヒットを許すと、そこからチャンスを作られ、犠飛で先制点を許してしまう。

 しかし、6回表に慶大は4回裏からサードの守備についていた2番・瀬尾翼(理4)が死球で出塁すると、3番・柳町のセンターの頭を超えるタイムリースリーベースで同点とする。更に続く4番・岩見雅紀(総4)が打った瞬間それと分かる2ランHRをレフトスタンド中段に叩き込んで3-1と逆転に成功する。若き血が響く三塁側スタンドを背にして、このリードを保ちたい慶大だったが、その裏に先頭を死球で歩かせ、送りバントでチャンスを作られるとタイムリーヒットを浴びる。しかし、ここで慶大は2番手・高橋佑樹(環2)をマウンドに送ると、見事に後続を断ち1点リードで終盤を迎える。慶大は7回に先頭の郡司がレフトへの2ベースヒットを放つも、キャッチャーからの送球で痛恨の牽制死。また8回の1死一、三塁のチャンスも生かせず追加点を奪えない。

 7回からは高橋亮吾(総2)が1点リードのマウンドを任された。8回裏に2ベースヒットとバント処理の際の自らのエラーで無死一、三塁の大ピンチを背負うと、ボテボテの内野ゴロの間に3-3の同点に追いつかれる。最終回も一打出ればサヨナラのピンチを迎えるもファーストファールフライで凌ぎ、法大2回戦は3-3の引き分けで終わった。

 少ないチャンスを中軸で確実にものにしていく良い形が垣間見えた打撃陣、これを続けることができるか。これまで大量失点を喫することの多かった投手陣は今日も毎回安打を許し、加えて先頭バッターを打ち取ったのは9イニングのうち2回裏のただ一度のみと課題がはっきりしている。このカードでの勝ち点獲得、更には今後、連勝街道を歩むためには投手陣の立て直しが急務である。大久保監督も「投げられる投手は総動員」と語るように投手陣のこれからの奮起に期待したい。(慶應スポーツ新聞会・記事:柴田航太郎)

[ 2017年9月25日 07:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月16日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム