PR:

慶應義塾大学【慶早1回戦】2本の満塁弾で優勝に王手をかける

慶早1回戦   慶大8-5早大 ( 2017年5月27日    神宮 )

今季1号で満塁弾を放ちダイヤモンドをかける柳町(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 まさに「劇的」というにふさわしい試合だった。勝って優勝に王手をかけたい慶大。序盤は高橋佑樹(環2)、小島両投手の好投で投手戦となった。しかし、6回に清水翔太(総4)が満塁本塁打を放ち先制する。このまま逃げ切りたい慶大だったが、7回に早大に5点を奪われ逆転されてしまう。ここで慶大打線に再び火が付く。満塁のチャンスを作り、柳町達(商2)がこの日チーム2本目となる満塁本塁打を放ち逆転に成功する。このまま慶大がリードを保ち、見事早慶戦勝利。優勝に王手をかけた。

 是が非でも勝ちたい大事な初戦のマウンドを任されたのは、今季ここまで防御率リーグ3位の高橋佑。初回を2三振含む三者凡退に抑える見事な立ち上がり。その後も早大打線から三振の山を築き、6回まで被安打1、9奪三振の快投を見せる。一方、高橋佑の好投に報いたい慶大打線だったが、早大のエース小島に5回まで無安打に抑えられ、緊迫した投手戦の様相となっていく。

 試合が動いたのは6回。1死から瀬尾翼(理4)がレフトフェンス直撃の二塁打を放つと、柳町の敬遠と早大のフィルダースチョイスで2死満塁のチャンスを作る。ここで打席には清水翔。小島が投じた高めの球を見逃さず振り抜き、打球は右翼手の頭上を越えライトスタンドへ。待望の先制点は、清水翔の満塁本塁打となった。

 4点の援護をもらった高橋佑だったが、この回突如崩れる。先頭打者の佐藤晋にレフトスタンドへ本塁打を打たれると、さらに続く打者に連続四球を与え無死一、二塁としてしまう。次の打者のバントを素早く処理して三塁フォースアウトを取るが、ここでお役御免。二番手の菊地恭志郎(政3)に託す形となった。なんとか最少失点に抑えたい菊地だったが、四球で満塁とすると続く打者にセンター前へ適時打を打たれ、2点を失ってしまう。菊地はわずか打者2人でマウンドを降りることとなった。1死で迎えた三番手は高橋亮吾(総2)。ショートへの打ち取った当たりを照屋が本塁に投げ、本塁タッチアウトかと思われたが、際どいタイミングで判定はセーフ。さらにセカンドゴロの間に1点を追加され、不運な形で逆転されてしまう。

 まずは同点に追いつきたい慶大。この回からマウンドに上がった早川から主将・照屋塁(環4)がレフト前へ安打を放つと、高橋亮がしっかりとバントを決め、1死二塁のチャンスを作る。続く天野康大(環4)、瀬尾が連続で四球を選び満塁とする。ここで打席には、前の打席で敬遠された柳町。初球、「狙い球」と語った肩口から入ってくるスライダーを完璧にとらえ、打球は一直線にライトスタンドへ。なんと今日二本目の満塁本塁打で、慶大が一気に3点リードとする。このまま逃げ切りたい慶大。8、9回を高橋亮が三者凡退に抑える完璧な投球でしっかりと締め、試合終了。慶大が見事な逆転勝利で、優勝に王手をかけた。

 早慶戦2連勝。これが慶大優勝の絶対条件だ。実は、慶大は早慶戦2連勝を優勝した2014春以来達成していないのだ。しかし、今日の選手たちの熱気を見ていると、そんな心配は無用だろう。今日は満塁本塁打2本と誰もが予想できない勝利をした慶大。きっと明日も観客の期待をはるかに上回るプレーを見せてくれるだろう。六大学王者へ、もうあと一歩のところまで来ている。(記事:慶應スポーツ新聞会 内田貴啓)

[ 2017年5月29日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム