PR:

慶應義塾大学【対法大3回戦】岩見、瀬尾、郡司3選手の本塁打で快勝!

対法大3回戦   慶大9-5法大 ( 2017年9月25日    神宮 )

縦スライダーを駆使し打者を翻弄する佐藤(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 昨日の引き分けから迎えた第3戦。マウンドを託されたのはリーグ戦初先発の石井雄也(商2)だ。5回途中まで好投し、その後も5人の投手が継投。失点を許しつつも踏ん張りを見せた。対する打撃陣は岩見雅紀(総4)のソロ、瀬尾翼(理4)の3ラン、そしてダメ押しの郡司裕也(環2)の2ランとホームランが連発。「慶應らしい」勝利で勝ち点奪取へ希望を明日につなげた。

 一昨日負け、昨日引き分けと後のない慶大。先発はこのカード1回戦で2回無失点と好投を見せた石井だ。今季の試合で失点を許してきた魔の1回表を三者凡退に切って取り、上々の立ち上がりを見せる。その流れに乗りたい打線に対する法大の先発は、初戦完封負けを喫した法大のエース菅野だ。初回裏、先頭打者天野康大(環4)が内野安打を放つ。デッドボールやバッテリーエラーが絡み、天野が生還すると、ここまでコンスタントにヒットを放っている清水翔太(総4)が左中間へのタイムリーツーベースを放ち、初回に計2点を先制する。

 先発石井はその後の回も好投を続け、4回まで被安打1無失点と安定したピッチングを見せる。そんな中、その好投に応えるように、4回裏、先頭岩見が逆方向、ライトスタンド中段へ大きな弧を描くソロホームランを放ち、追加点を挙げる。これで流れを引き寄せたかと思った。だが5回表、ここまでリーグ戦初先発とは思えぬ投球をしてきた石井が崩れ始める。二人目のバッター向山にセンターへのヒットを打たれ、次の打者ではボークを取られ、フォアボールも出してしまった。その後も二連打を浴び、代わって登板した川端康司(政4)も法大の1番相馬にヒットを許し、この回3失点。試合を振り出しに戻されてしまう。

 それでもここで終わる慶大ではない。その裏、先発菅野から交代した内沢から、代打植田清太(総3)がしぶとく内野安打で出塁すると、続く天野がライトへのヒットを放つ。1死一、二塁のチャンスにまわってきたのは2番・瀬尾。その2球目はレフトスタンドに吸い込まれ、3ランホームランとなった。この3点で慶大は一気に勝ち越しに成功する。

 その後の6回以降は投手陣が継投する。まず6回に投げた佐藤宏樹(環1)は法大の3、4、5番を三者凡退に抑える。その裏は相手のエラーから出塁した清水翔を郡司が還し、勝利を引き寄せる追加点を挙げる。

 投げては7回を関根智樹(環1)、8回を高橋佑樹(環2)が無失点に抑える。8回裏にはダメ押しの郡司のセンター方向への2ランも飛び出し、法大との点差を6点に広げる。9回表は、回をまたいでマウンドに上がった高橋佑が2失点を許すも、3連投の高橋亮吾(総2)が一人も出塁を許さずゲームセット。3戦目にして法大から勝利をもぎ取った。

 今日は投打の噛み合ったゲームとなり、快勝。投げては6投手が投げ、総力戦で挑み、点差を守った。中でも石井雄は5回途中まで力投し、試合を作った。打っては10安打9得点。うち6点は岩見、瀬尾、郡司という3選手のホームランだった。昨日の引き分けから一転、打ち勝った今日の慶大打線。この調子で明日も2連勝し、優勝につながる勝ち点を掴みたいところだ。

 【This is YOUR day!!】慶大の守備職人が魅せた値千金の1発 瀬尾翼

 これまでも多くの試合で華麗な守備を見せ、慶大を支えてきた守備の名手、瀬尾。2番としてつなぎ役にもなり、かつ被四死球も多く、影の実力者として慶大の勝利に貢献してきた彼だが、実は春にはチーム2位タイの3本の二塁打を放っており、長打も打てるポテンシャルを秘めていた。今日の試合ではその実力を我々に見せつけ、「貴重な」3ランを放ってくれた。今後の試合でも自身も売りとする堅実な守備と、勝利を呼び込むバッティングで、慶大を優勝に導いてほしい。(慶應スポーツ新聞会・記事:高山 実子)

[ 2017年9月26日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム