PR:

慶應義塾大学【対明大1回戦】隙のない野球で昨季王者に先勝

対明大1回戦   慶大5―3明大 ( 2017年5月14日    神宮 )

今季初初白星をあげた高橋亮(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 会心の一勝だ。先発の高橋佑樹(環2)は、初回と3回に連打を浴び先取点を許すも、粘りの投球で試合を作る。打っては5回、天野康大(環4)と柳町達(商2)の適時打などで一挙3点。逆転に成功する。その後同点に追いつかれるも、7回2死満塁から相手のバッテリーエラーで再び勝ち越し。この1点が決勝点に。7回から登板した3番手高橋亮吾(総2)がリーグ戦初勝利を手にした。

 大一番の先発を任されたのは高橋佑。今季すでに2勝をあげているチームの勝ち頭だ。しかし、今日の立ち上がりはピリッとしない。初回、2番3番にいきなり連打を浴び1死二、三塁のピンチを招くと、続く4番越智の打球は前進守備の照屋塁(環4)の正面に鋭い当たり。これを照屋が弾いてしまい、わずか13球で先制点を奪われてしまった。2回にも高めに抜けた甘い球を痛打されるなど、序盤から苦しいピッチングが続く。3回は再び大ピンチ。1死一、三塁から5番平塚の鋭い当たりは左中間奥深くへ。ここは柳町がスーパーキャッチを見せ、最少失点で切り抜けた。打線もなかなか波に乗れない。明大先発の斎藤の荒れ球に苦しみ、3回までに出した走者は高橋佑の内野安打の一本のみ。序盤は完全に明大ペースで試合が進む。

 中盤は落ち着いたピッチングを見せる高橋佑。4回・5回と共に三人で蹴散らせ攻撃へのリズムを生み出す。すると5回、慶大打線に火が付く。倉田直幸(法4)のヒットを皮切りに、1死一、二塁のチャンスを作ると、1番天野がライトへのタイムリーを放ち一点差に。続く2番瀬尾翼(理4)が四球を選び満塁。ここで迎えるは好調柳町。インコースの球を振りぬき、バットを折りながらも遊撃手の頭を超す同点タイムリーとなった。なおもチャンスで4番岩見雅紀(総4)はきっちり犠牲フライを放ち、この回逆転に成功する。しかし6回、二番手菊地恭志郎(政3)が6番宮崎に本塁打を許し、あっという間に追いつかれてしまう。その後ピンチを招くも後続をしっかり抑え、勝ち越しは許さない。

 思わぬ形で試合が決まった。7回、先頭天野が塁に出ると、続く瀬尾は送りバントをするがこれを明大二番手外尾がまさかの二塁へ悪送球。チャンスを広げる。その後2死満塁で打席には6番清水翔太(総4)。マウンドには四番手入江。2ストライクと追い込まれてからの3球目は、捕手の届かないところへのバックネット直撃のワイルドピッチ。相手のミスから貴重な1点をもぎ取った。8回にも照屋のヒットで再びチャンスを作ると、瀬尾が執念のタイムリーで点差を2に広げた。

 7回からマウンドに上がった三番手高橋亮は圧巻のピッチングを見せる。7、8、9回打者一巡をパーフェクトに抑え、ゲームセット。頼もしい2年生右腕がリーグ戦初勝利を挙げた。

 過去2カードの初戦(対立大2△2、対法大5△5)を勝ちきれなかった慶大にとって、この大一番で接戦をものにできたのは非常に大きいだろう。慶大では3年ぶり(14年春東大一回戦以来)となる一試合無四死球。高橋佑は再三ピンチを招いたが要所をしっかり締め試合を作った。小技も光った。犠打の失敗なし、6回には相手の一瞬の隙を突いた倉田の三塁への走塁など、綿密な攻撃で隙を見せなかった。耐えて掴んだこの一勝。優勝への足掛かりとなるか。(慶應スポーツ新聞会 記事:若林 晃平)

[ 2017年5月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月16日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム