PR:

慶應義塾大学【対法大2回戦】連日の熱戦。先制するも救援粘れず逆転負けを喫す

対法大2回戦   慶大4-5法大 ( 2017年5月7日    神宮 )

リーグ戦初打席となった大西健(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 隙は見せてはならない。そんな言葉がふさわしい試合だった。後一本が出ず、昨日引き分けに終わった慶大は、初回に郡司裕也(環2)、清水翔太(総4)の連続タイムリーで2点を先制。幸先良く先制点を奪う。4回にも岩見雅紀(総4)のタイムリーで1点を追加。先発の高橋佑樹(環2)も5回を投げ1失点と試合を作り、試合を優位に進める。しかし7回、二番手の菊地恭志郎(法3)が4失点を喫し、逆転を許してしまう。追いつきたい慶大打線は直後の8回に倉田直幸(法4)犠飛で1点を返したが、反撃もここまで。昨日に続く熱戦で、手痛い敗北を喫してしまった。

 後一本が出ず、引き分けに終わった一回戦。だが、今日の慶大打線は一味違った。初回、先頭の天野康大(環4)が内野安打で出塁すると、続く瀬尾翼(理4)はセオリー通り送りバントを試みる。これが失敗に終わり、三番・柳町達(商2)も倒れ、2死となるが、四番・岩見が四球でつなぎ、2死一、二塁と先制のチャンスを作る。ここで、郡司が中前に、清水翔が右前に連続タイムリーを放ち、幸先よく2点のリードを奪った。

 慶大先発は高橋佑。初回を三者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せた。しかし二回、四球とヒットなどから1死二、三塁とされると、内野ゴロの間に1点を返される。だが、続くピンチは中飛に打ち取り、最小失点でこの回を切り抜けた。すると打線は三回、先頭の柳町が法大先発・菅野から左中間に二塁打を放ち、無死二塁のチャンスを作る。ここで打席には岩見。外角のボールを逆らわずに右前へと運び、柳町が生還。貴重な追加点を奪う。中押しとなる援護をもらった高橋佑は、毎回のようにピンチを招いたが、バックの軽快な守りもあり5イニングを投げ1失点。先発としての役割は十分に果たした。

 六回からは継投に入り、マウンドには菊地。わずか6球で法大打席を三者凡退に仕留めた。七回表、慶大打線はさらなる追加点のチャンスを迎える。2死から天野がこの日二本目となる内野安打で出塁すると、瀬尾も中前打で続く。さらに柳町の四球で二死満塁として打席には再び岩見。しかし、ここは法大・菅野の内角スライダーに手が出ず見逃し三振。大きなチャンスを逃す。

 チャンスを逃した代償は大きかった。続投した菊地がヒットと四球から無死一、二塁のピンチを招くと、暴投で無死二、三塁としてしまう。ここで菊地は、三連続長単打を浴び一気に4失点。試合をひっくり返されてしまった。追いつきたい慶大打線は八回、先頭の郡司が右中間を破る二塁打を放ち、無死二塁とする。清水翔も右前打で続き、無死一、三塁とすると、倉田がライトに犠牲フライを放ち1点を返す。さらにその後、二死一、二塁と一打同点のチャンスを迎え、打席には河合大樹(総3)。7回の守備から出場し、今日初打席だったが、期待に応えレフトにヒットを放つ。二塁走者清水翔は本塁へ突っ込むが、前進守備を敷いていたレフトからの好返球の前に本塁憤死。同点とはならなかった。

 後がなくなった最終回、先頭の瀬尾が死球を受けて無死一塁。再び同点のチャンスを得る。しかし、柳町が左飛に倒れると、神宮初打席の大西健斗(環1)、郡司はともに空振り三振に倒れ、ゲームセットとなった。ゲーム終盤まで主導権を握っていただけに、この敗北は4?5というスコア以上に手痛いものとなった印象だ。バントミスや暴投といった細かいところでの隙が、この結果に繋がってしまったことも否めないだろう。だが、毎試合のように二桁安打を放つ打線の破壊力は、やはりリーグ屈指だ。試合を重ねるごとに成長を続ける慶大ナイン。緻密さがさらに高まれば、歓喜の瞬間はもうすぐそこかもしれない。(慶應スポーツ新聞会 記事:天野 拓真)

[ 2017年5月9日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム