PR:

慶應義塾大学【慶早3回戦】接戦を制し、陸の王者の意地見せる

慶早3回戦   慶大4-3早大 ( 2017年5月29日    神宮 )

宿敵ワセダから勝ち点を奪いガッツポーズの高橋佑(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 あと一歩のところで優勝を逃し、悔しさを噛みしめた慶大。何としてでも早大から勝ち点をもぎ取ろうと3回戦に臨んだ。2回に四死球をもらいチャンスを作ると瀬尾翼(理4)の適時打で2点を先制。5回にも瀬尾が作ったチャンスが得点につながる。7回には菊地恭志郎(政3)、河合大樹(総3)で1点を追加し、合計4得点を挙げた慶大。一方、先発の菊地は7回3失点で切り抜け、見事宿敵ワセダから勝ち点を奪取した。

 前日で優勝を逃し、プライドを懸けた戦いとなった第3戦。月曜にもかかわらず、慶大応援席は満席になるほどたくさんの観客がかけつけた。

 慶大先発は菊地。先頭打者に対し四球を出し立ち上がりは不安であったが、初回を無失点に抑えると、2回でもランナーを出しながら見事にピンチを切り抜ける。その裏、相手投手から四死球で無死一、二塁のチャンスをもらった慶大打線。8番照屋塁(環4)のバントでチャンスを広げると、瀬尾がレフト前に運んだ適時打で2点の先制に成功した。その後マウンドでは菊地が粘り強い投球を続け、5回までランナーを本塁に帰さず試合の流れを作る。すると5回裏、瀬尾がレフトにツーベースを放つと、柳町のバントヒットで無死二、三塁のチャンスを作る。そこへ相手投手が暴投をし、1点を追加した。

 菊地は6回にソロホームランを浴びたものの、その裏自らのバットでチャンスを作り追加点を挙げる。7回には制球を乱す場面も見られ失点し、スコアは3―4。8回、継投に入ったのは津留崎大成(商2)。待望のリーグ戦初登板となったが、ヒットを許しわずか4球で降板。高橋佑樹(環2)がマウンドを引き継いだ。高橋佑は危なげない投球で残りのイニングを無失点に抑え、見事1点差を守り抜いた慶大が早慶戦の勝ち点を獲得した。

 優勝を逃し、計り知れない悔しさを味わった慶大。だが、宿敵ワセダから勝ち点をもぎ取り意地を見せてくれた。あんなに悔しかった気持ちを切り替えて試合に臨み、勝利できたことは、これから先もリーグ戦を戦っていく上でメンタル面での大きな自信につながることだろう。

 今回の試合では、随所に粘り強さを見せた慶大。それは常に勝利だけを見据えて戦ってきたからこそ発揮できた力だろう。チームの大黒柱であった加藤拓也の卒業後、戦力に不安があったが、だからこそ昨年よりも全員で戦うという意識が高まったように思える。部員全員で優勝に向かって戦い抜き、勝ち点4のリーグ2位という結果を残した今季。決して満足できる結果ではないが、チーム全体が大きく成長できたことは確かであろう。この夏、全員で実力の向上に力を尽くし、秋季リーグでは他大学を圧倒するような戦いで、悲願の優勝を果たしてほしい。(記事:慶應スポーツ新聞会 鈴木 優子)

[ 2017年5月31日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月20日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム