PR:

慶應義塾大学【対法大1回戦】延長12回の熱闘を演じるも…2カード連続の引き分けスタート

対法大1回戦   慶大5―5法大 ( 2017年5月6日    神宮 )

最終回に生還するもアウトになった柳町(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 負けられない、意地と意地とがぶつかり合う白熱した展開だった。慶大は、初回先発の関根智輝(環1)がいきなり4点を奪われる苦しい立ち上がり。しかし、その裏に清水翔太(総4)のタイムリーなどで1点差に詰め寄ると、5回には清水翔がソロホームランを放ち同点に。6回以降は、両チームともに救援陣が好投を続け、互いに得点を奪えず。慶大は、2カード連続での引き分けスタートとなった。

 夏を感じさせるような暑さの中、試合も初回からその暑さに負けない展開が繰り広げられた。法大の先攻で始まった試合、慶大はルーキー関根が先発のマウンドに上がった。しかし、関根はいきなり法大打線につかまる。1死から連打と死球で満塁とされると、5番福田に犠飛を打たれ先制。続く大西千、鎌倉には連続でタイムリーを打たれ、初回だけで4点を奪われた。

 苦しい展開を早めに打破したい慶大、裏の攻撃で相手先発の長谷川を捉え、反撃を開始する。先頭の天野康大(環4)が内野安打で出塁すると、瀬尾翼(理4)、柳町達(商2)も続いて出塁する。満塁のチャンスで好調の郡司裕也(環2)が粘った末に押し出しの四球を選び1点を返すと、続く清水翔のタイムリーと倉田直幸(法4)の内野ゴロの間にさらに2点を追加。1点差まで詰め寄り、試合の流れを慶大に引き戻す。さらに3回裏、先頭の郡司がセンター前ヒットで出塁すると、2死から照屋塁(環4)が初球をうまく逆方向に弾き返し、郡司が同点のホームを踏んだ。

 4点を奪われた慶大は早めの継投に出る。関根に代わって、3回からは菊地恭志郎(政3)がマウンドに上がる。4回に自身のワイルドピッチで1点を奪われるも、6回まで投げて被安打1の好投。「ツーシームや変化球が上手くハマった」と語るように、テンポの良いピッチングを披露した。

 1点を勝ち越され迎えた5回裏。6番清水翔が法大2番手内沢の内角への変化球をうまく捉えると、打球はライト方向へ伸びそのままスタンドイン。「まさかホームランを打てるとは思ってなかった」と振り返るも、清水翔自身リーグ戦初となる本塁打は、貴重な同点ソロとなった。

 終盤に入ると、互いに救援陣が好投。法大は、6回から3番手で前週圧巻の投球を見せた熊谷をマウンドに送り、慶大打線は9回までノーヒットに抑え込まれる。対する慶大も、7回には高橋佑樹(環2)が打者三人を簡単に切って取ると、8回からは今季成長著しい高橋亮吾(総2)が登板し、相手打線を寄せ付けないピッチング。両チームの意地と意地とがぶつかり合う。

 サヨナラ勝ちを狙う慶大は10回、先頭の郡司があわやホームランかというフェンス直撃の二塁打を放つも、ここは熊谷に後続が打ち取られ無得点。一方、高橋亮は12回まで三塁を踏ませないピッチングで無失点に抑え込み、流れを呼び込む。迎えた最終12回、代わった菅野から柳町がヒットで出塁すると、犠打で二塁へ。一打サヨナラの場面で打席には、今日ホームランを放っている清水翔。2球目を流し打ちしレフト前へ運ぶと、柳町が一気にホームへ。決死のヘッドスライディングを試みる柳町に、レフトからの好返球をつかんだキャッチャーがタッチする。際どいタイミングも、球審の判定はアウトでゲームセット。惜しくもサヨナラとはならず、延長12回を戦い5−5の引き分けとなった。

 「本当にたくましくなっている」と大久保監督が語るように、今季の慶大は試合を重ねるごとに成長を続けている。今日は、4点のビハインドからゲームを立て直して引き分けに持ち込んだ。立大戦の引き分けに続き、勝ちきれなったことは事実かもしれない。しかし、打線に繋がりも生まれ、開幕前は不安視されていた投手陣もそれぞれが持ち味を発揮するなど、チーム力の向上は明らか。今日の引き分けもここからの成長の糧になるはずだ。悲願の優勝へ向け、負けられない戦いは続く。(慶應スポーツ新聞会 記事:重川 航太朗)

[ 2017年5月8日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月22日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム