PR:

慶應義塾大学【対東大1回戦】収穫あり課題あり!苦しみながらも白星発進

対東大1回戦   慶大9―5東大 ( 2017年4月15日    神宮 )

1年生らしくない力強い投球を見せた関根(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 6季ぶりの優勝を目指す慶大の春が来た。東京六大学野球春季リーグ初戦の相手は東大。1年生右腕関根智輝(環1・城東)やリーグ戦初スタメンとなった天野康大(環4・智辯和歌山)をはじめ、フレッシュな顔ぶれが躍動した。試合は初回から、岩見雅紀(総4・比叡山)の本塁打などで大量リードを奪う。しかし中盤からは投手陣が崩れ、点差を詰め寄られて苦しい場面も。それでも、随所に攻守が光り、序盤のリードを守り切って、全員野球で白星をもぎ取った。多くの収穫と課題を手にした一戦となった。

 オープン戦で結果を残した右腕関根が、慶大では90年ぶりとなる1年春開幕投手に大抜擢。初回はランナーを背負いながらも、落ち着いた投球で上々の立ち上がりを見せる。

 東大の先発は、エース宮台。慶大打線はいきなり、宮台を攻めたてる。初回、天野が四球を選ぶと、柳町達(商4・慶應義塾)がフェンス直撃の適時三塁打を放ち、幸先よく先制点を挙げる。続く岩見も高めの変化球を逃さず振り切ると、打球はレフトスタンド中段へ。リーグ戦通算10号となる特大アーチで、2点を加える。2回には、宮台が制球を乱し、三者連続四球を与えて早々にマウンドを降りる。無死満塁のチャンスを迎えると、柳町が二番手・濱崎の球をセンター前にはじき返し、きっちりとランナーを生還させる。続く郡司裕也(環2・仙台育英)からも適時打がうまれ、さらに3点を加えて序盤からリードを広げた。

 一方の関根は、ツーシームを効果的に使い、ストライク先行で要所を締めるピッチング。瀬尾翼(理4・早稲田佐賀)や清水翔太(総4・桐蔭学園)の好守で、バックも盛り立て、5回1失点と上々の投球を見せた。慶大はその後も相手投手の乱れやエラーで追加点を奪うと、5回には天野にリーグ戦初本塁打が飛び出し、着実に点を重ねる。

 しかし6回、継投に出た慶大は、二番手・伊藤佑馬(商3・倉吉東)が赤門打線に捕まる。先頭打者に安打を許すと、四死球でピンチを広げ、暴投で一点を献上して無念の降板。続く内村僚佑(政4・慶應義塾)も、タイムリーを浴びこの回3失点を喫する。それでも、7回には柳町が左中間への大飛球をフェンスにぶつかりながら補球するなど守備にも助けられ、次の2イニングを無失点で切り抜けた。9回には、菊地恭志郎(政2・慶應志木)が一点を失うも、序盤のリードで逃げ切り、慶大は開幕戦を白星で飾った。

 今季の慶大は、4年間で26勝を挙げた加藤拓也(政卒・現広島カープ)の穴をどう埋めるかがカギとなるだろう。今日初勝利をつかんだ関根、同じく一年生ながらベンチ入りを果たした佐藤宏樹(環1・大舘鳳鳴)、オープン戦好調の石井雄也(商2・慶應志木)、課題を手にした伊藤佑、リーグ戦初登板で意地を見せた四年生内村など新しい顔ぶれが投手陣の軸となる。今季からエースナンバーの18を背負う菊地にも、大きな期待がかかる。投手陣の全体の底上げで、悲願の優勝を手繰り寄せてほしい。(慶應スポーツ新聞会 反保 真優)

[ 2017年4月17日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月18日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム