DeNA宮崎 年俸1億6000万円から微増「全てでもっと貢献しないと」

[ 2020年12月18日 13:41 ]

DeNA・宮崎
Photo By スポニチ

 DeNA・宮崎が来季目標として成績全てでのキャリアハイを掲げた。横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円増の年俸1億7000万円で更改。今季は開幕前の目標の打率3割をクリア(・301)したが、チームの優勝に貢献するためにさらなる躍進を目指す。

 来季の年俸については「同じくらい」と言葉をにごした宮崎だったが、目標は明確だった。「球団から“中心選手としてやってもらわないと困る”と言ってもらった。期待されているのはありがたいこと。より一層頑張らないといけない」。引き締まった表情で来季を見据えた。

 コロナ禍の今季ははんばぶっつけ本番の形で開幕に臨んで打率・301、14本塁打、53打点。打撃3部門いずれも自身3番目の数字だった。「もっと貢献できたという思いが強くなった」というシーズンを反省。来季へ向け「全てでもっと貢献しないといけない。全部の数字でキャリアハイを目指したい」と力を込めた。オフはシーズン中に疲労の回復が遅いと感じた下半身を中心に強化。来季中に国内FA権を取得する予定だが「何も考えてない」とシーズンに集中する考えで、プロ9年目の来季はオールキャリアハイに挑む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年12月18日のニュース