夏の甲子園中止で高野連 独自開催の地方大会財政的支援約束

[ 2020年5月20日 19:01 ]

第102回全国高校野球選手権大会の中止について、インターネットを通じて記者会見する大会副会長の八田英二・日本高野連会長=2020年5月20日午後、大阪市西区、代表撮影  
Photo By 代表撮影

 日本高野連と朝日新聞社は20日、「第102回全国高等学校野球選手権大会」(8月10日から16日間、甲子園)の運営委員会(web会議)を開き、同大会と出場49代表を決める地方大会の中止を発表した。新型コロナウイルス感染拡大から、選手、関係者、観客などの安全と健康を守るための決定。理事会で中止決定を承認した。

 日本高野連の八田英二会長は会見で、中止となった地方大会の今後について「各都道府県の高野連の自主的な判断に任せる方針」として、独自の地方大会開催については肯定的な意見を述べた。その際には、各地方での感染状況を見極め、医学的見地などを含めた総合的判断が必要としつつ、「限界はあるかもしれないが、財政的な支援をしたい」とバックアップも約束。さらに医療関係者から得た情報なども提供するとの意向を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年5月20日のニュース