夏の甲子園中止に前橋育英・荒井監督「群馬での独自大会はぜひ開催してほしい」

[ 2020年5月20日 18:17 ]

夏の甲子園中止の発表を受け取材に応じる前橋育英・荒井監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 日本高野連と朝日新聞社は20日、「第102回全国高等学校野球選手権大会」(8月10日から16日間、甲子園)の運営委員会(web会議)を開き、同大会と出場49代表を決める地方大会の中止を発表した。新型コロナウイルス感染拡大から、選手、関係者、観客などの安全と健康を守るための決定。理事会で中止決定を承認した。

 ▼前橋育英(群馬)荒井直樹監督 群馬大会5連覇は一切考えておらず、ただこのチームで試合をしたかった。中止の報道が出たときに3年生とラインで話をした。「何のために今までやってきたのか」と感情を出す子もいたので、「一生懸命やってきた姿を見てきた。無駄ではない」と声をかけた。3年生たちには区切りが必要。群馬での独自大会はぜひ、開催してほしい。NPBの選手会が支援を検討している報道を見てありがたく思う。うちは3年生が21人いて、通常だと全員のベンチ入りができないので、独自大会では特別ルールを作ってほしい。今年のチームは13年に夏の甲子園を制覇したときに似た仲間意識の強いチームだっただけに最後の夏でもっと成長した姿を見せられるはずだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月20日のニュース