ナショナルズ 敵地で連勝、シャーザー7回1安打無失点 毎回11Kの快投

[ 2019年10月13日 09:21 ]

カージナルス戦に先発し、7回無失点で勝利投手となったナショナルズのシャーザー
Photo By 共同

 米大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズ第2戦(7回戦制)が12日(日本時間13日)、セントルイスで行われ、ナショナルズがカージナルスを3―1で下し、敵地で2連勝とした。先発シャーザーが7回無失点の好投で白星を挙げた。

 シャーザーは6回まで無安打の快投、7回先頭のゴールドシュミットに左安打を許したが後続を断った。結局7回を1安打無失点、毎回の11奪三振で勝利投手となった。

 打線は3回にテーラーの左本塁打で先制すると、8回にイートンの2点二塁打でリードを広げた。

 カージナルスはこの日も打線が振るわず8回に1点を返しただけだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月13日のニュース