勝つしかない阪神がこの日も先制 大山の二塁打をきっかけに糸原が犠飛

[ 2019年10月13日 15:57 ]

CSファイナルS第4戦   阪神―巨人 ( 2019年10月13日    東京D )

<CSファイナル 巨・神>2回無死、高橋(左)から二塁打を放つ大山(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 勝つしか道が残されていない阪神が、この試合も先制に成功した。

 2回、この日5番に入った大山が先頭打者として左中間を真っ二つに割る二塁打で出塁。梅野の犠打で1死三塁とすると、糸原が2ボールから左翼フェンスぎりぎりの大飛球を放った。ゲレーロがなんとかキャッチするも、三塁から大山が悠々とホームイン。手堅い攻撃で貴重な先制点を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月13日のニュース