阪神 同点に追いつかれた直後に勝ち越しのチャンスも無得点 無死一、二塁から大竹の前に沈黙

[ 2019年10月13日 17:25 ]

CSファイナルS第4戦   阪神―巨人 ( 2019年10月13日    東京D )

 同点に追いつかれた直後の6回、阪神はすぐさま勝ち越しのチャンスをつくるも、巨人の継投にかわされ得点を挙げることが出来なかった。

 先頭の北條、続く福留がいずれも四球を選んで無死一、二塁の好機。巨人はここで先発の高橋を諦め、2番手として大竹をマウンドへ送ってきた。大竹の前に4番マルテは三ゴロにたおれると、今日2安打の大山もスライダーを振らされ空振り三振。最後は梅野もスライダーにバットが止まらず三振を喫し、勝ち越し点を上げることは出来なかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月13日のニュース