西武・辻監督の来季続投を発表 2年契約の2年目 CS第4戦終了後に要請を承諾

[ 2019年10月13日 18:36 ]

来季続投が決まった西武・辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は辻発彦監督(60)の来季続投を発表した。

 13日に行われたクライマックス・シリーズ(CS)第4戦終了後、居郷肇社長が来季の監督続投を要請し、辻監督も承諾した。来季が2年契約の2年目で、就任4年目となる。

 2年連続でCSファイナルステージでソフトバンクに敗れ、11年ぶりの日本シリーズ進出を逃したものの、今季はエースの菊池、打点王の浅村、捕手の炭谷と主力が抜け、戦力が大幅ダウンした中で2連覇を達成した手腕が評価された。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月13日のニュース