西武・本田 4回途中3失点 今宮&グラシアルに被弾「どちらも失投。もったいなかった」

[ 2019年10月13日 17:09 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第4戦   西武―ソフトバンク ( 2019年10月13日    メットライフD )

<パCSファイナル 西・ソ>4回途中、降板する本田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 負けたら終わり、の総力戦で先発した西武・本田は、3回0/3を6安打3失点で無念の降板となった。

 初回は1死から今宮に中前打を許したものの無失点。初回を無失点で切り抜けたのはファイナルS4試合目で初だった。

 「とにかく立ち上がりに気を付けて、初回は絶対ゼロに抑えようと思ってマウンドに上がった。(試合への)入りは良かったと思います」

 しかし3回1死で今宮に先制ソロを被弾。4回にもグラシアルに一発を浴び、続く松田宣に中前打を許したところで降板した。

 シーズンでは6勝をマークした右腕。CSで結果を残せず「ホームランはどちらも失投。もったいなかった」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月13日のニュース