佐々木の163キロに「どうやって投げるの?」、ライバル星稜・奥川も仰天

[ 2019年4月7日 05:30 ]

<U-18侍ジャパン一次候補合宿>談笑する大船渡・佐々木(左)と星稜・奥川(撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 今夏に韓国で開催されるU18ワールドカップ(W杯)の高校日本代表1次候補による「国際大会対策研修合宿」が6日、奈良県内で行われた。

 150キロを超える直球を武器とし、大船渡・佐々木とともに「高校四天王」と呼ばれる3投手も紅白戦に登板。走者を置くケースもある特別ルールで、奥川は3回を投げて最速148キロを計測。西も3回、及川は2回を投げた。奥川は練習中、163キロを計測した佐々木に「どうやったら、あんなに速い球を投げられるの?」と質問。「素晴らしいものをたくさん見させてもらって、いい刺激になった。明日はもう少し、いい結果を見せたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月7日のニュース