【隠しマイク】左肩打球直撃の楽天・安楽に平石監督「当たって気付いた感じ」

[ 2019年4月7日 08:30 ]

5日のオリックス戦に登板した楽天・安楽
Photo By スポニチ

 ◎プロ初安打の記念球を親に贈るという西武・佐藤。報道陣に「一緒にどういう言葉を贈りますか」と聞かれ、しばらく考えて「クロネコで送ります」。郵送方法を答えてくれました。

 ◎楽天・平石監督は5日のオリックス戦で左肩に打球直撃もケロリと続投した安楽の鈍感力に苦笑い。「投手なら普通“飛んで来た!”と構えるけど、アイツ当たって気付いた感じ」。丈夫な骨格に半ばあきれていました。

 ◎打撃マシンを相手にバント練習を行っていたヤクルト・西田は、内角高めに抜けてきたボールを大慌てでよけて「死ぬかと思った。マシンやろ、って…」。油断大敵ですね。

 ◎阪神の江越は5日の広島戦で試合をベンチで見守っていたところ、西川のファウルが左太腿を直撃。患部の状態を聞くと「大丈夫。でも危ないから今日からグラブ持っておくわ」。警戒を続けていくようです。

 ◎1人だけノースリーブのウエアを着て練習をしていた西武・山川に、中村が「アホなん!?」。気合十分の証拠です!

 ◎日本ハム・杉谷は東京ドームでの試合前取材を行う担当記者に「北海道にいる人たちばかりですね」。担当記者は北海道、東京、福岡などどこでも追い掛けます。

 ◎練習終了後、グラウンドにノックバットを忘れたロッテ・大塚外野守備走塁コーチ。見つけたのが鳥越ヘッドコーチだと気付くと「一番、見つかってはいけない人に見つかってしまった…」。そんなに怖いですか?

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月7日のニュース