ロッテ・藤原が登録抹消 井口監督「予定通り」

[ 2019年4月7日 12:20 ]

<ソ・ロ3>試合前にアップする藤原(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)が7日、出場選手登録を抹消された。代わりに2年目の菅野剛士外野手(25)が登録された。

 6日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)は「1番・中堅」で先発出場し、プロ初打点となる右前打を放ったが、出場6試合で打率・105、2打点と1軍の壁を経験した。

 井口監督は「抹消は予定通りです。下(2軍)で結果を出し、技術、体力を含めて準備してほしい」と育成方針の一環と説明。藤原は「力は全然、差がありました。そこを埋めていきたい。(1軍のレベルは)高卒では自分しかまだ、知らない。一歩先に経験できたし、早く1軍に呼ばれるようにやっていきたい」と話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月7日のニュース