ロッテ・レアード、球団史上初の開幕3戦連発「思い切り叩いた」

[ 2019年4月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―9楽天 ( 2019年3月31日    ZOZOマリン )

8回無死、レアードは左越えソロを放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人レアードが、球団史上初開幕3試合連続本塁打を放った。3―7の8回無死、ハーマンの直球を左翼席最上段に突き刺した。「ど真ん中を思い切り叩いただけだよ」。

 レアード効果もあり、昨季12球団ワースト78本塁打のチームは開幕3連戦で早くも6発。27日に敗血症性ショックで死去した元監督・近藤昭仁氏(享年80)追悼のために球団旗は半旗、試合前に黙とう、喪章で臨んだが、逆転負けで本拠地開幕カードは11年以来8年ぶり負け越しとなった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月1日のニュース