ヤクルト高梨、移籍後初勝利 6回3安打1失点「強気に攻められた」

[ 2019年4月1日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―1阪神 ( 2019年3月31日    京セラD )

力投する高梨(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 右拳を力強く握った。6回2死、ヤクルト・高梨は福留を外角低めの146キロ直球で見逃し三振。昨オフ、日本ハムからトレードで加入した新戦力が、6回3安打1失点でチームを今季初勝利に導いた。

 「心機一転、頑張っていた中での勝利なのでうれしい。本当に緊張していたんですけど、強気に攻められた」

 移籍後初登板で初勝利。新天地のユニホームで受けたヒーローインタビューに笑みもこぼれた。オープン戦は3試合に登板し防御率2・00も、変化球をストライクゾーンに投げ込むという課題を残した。それでもこの日は7奪三振中、フォークで3三振、直球でも4個奪った。

 チームは16年以来、3年ぶりの開幕2連敗。3連敗の危機を脱した小川監督は「気持ちの入った投球で頑張ってくれた」と称えた。16年に2桁勝利をマークして新人王に輝いた27歳は「優勝に貢献するためにもこういう投球を続けていきたい」と復活ののろしを上げた。(黒野 有仁)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年4月1日のニュース