×

智弁和歌山、近畿大会の雪辱ならず 痛恨の1球でサヨナラ負け

[ 2019年4月1日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第9日第4試合 準々決勝   智弁和歌山3―4明石商 ( 2019年3月31日    甲子園 )

<明石商・智弁和歌山>明石商・来田(左)にサヨナラ弾を浴びた小林樹(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 智弁和歌山は昨秋の近畿地区大会準決勝で5回コールド負けを喫した明石商へのリベンジはかなわなかった。3―3で迎えた9回、智弁和歌山・小林樹斗投手(2年)が5球目に投じた直球を明石商・来田涼斗外野手(2年)に右翼席にサヨナラ本塁打された。

 「外を狙ったのが少し甘く入ってしまいました。カウント(2―2)的にもう少し厳しく行っても良かった。悔しいです」

 6回1死三塁では来田を得意のスプリットで空振り三振に仕留めていた。対戦前に駆け寄ってきた東妻純平捕手(3年)が「(相手は)同級生やから負けてられんぞ。全力で来い」と激励された言葉に応えていたが、次の打席での対戦で悲劇が待っていた。

 昨秋の近畿地区大会で敗れてから「打倒明石商」がナインの合言葉だった。小林樹自身も体重を10キロ増やし77、78キロになった。球速も139キロからこの日MAX147キロを計時するまで成長していた。

 5回、左中間適時二塁打を放ち、同点劇の流れを作った黒川史陽主将(3年)は「自分たちの力不足です。5回は小林が頑張っていたので、あいつのために打ちたかった」と話したが「野球は甘くない。甲子園は厳しい場所」と唇をかんだ。自身の野球ノートには「この負けを絶対忘れずにこの冬を越す」と昨秋の敗戦の悔しさを常に思い出しながらこの試合に臨んでいたが、リベンジはならなかった。

 中谷仁監督は「(配球の指示は)試合前は伝えていた。今後のこともあるので…。逃げていてはつかまる。攻めていかないと。胸を借りるつもりで攻めなさいと、試合の途中で言った」と振り返った。

 小林樹の帽子のひさしの裏には「克己心」と「攻」の文字が書かれていた。それでも、「甲子園のマウンドは楽しめた部分もありますが、こういう結果になって悔しい。夏にリベンジしたい」と誓いを立て、甲子園を去って行った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2019年4月1日のニュース