大谷は「印象的なデビュー飾った10選手」選出「打撃で際立った数字」

[ 2018年12月29日 05:30 ]

二刀流で米国を沸かせたエンゼルス・大谷
Photo By スポニチ

 大リーグ公式サイトは「印象的なデビューを飾った10選手」も特集し、エンゼルスの大谷を選出した。

 動作解析システム「スタットキャスト」によると、大谷の今季の「バレルゾーン」(本塁打になりやすい打球速度と打球角度)の割合は16%で、今季打点王のマルティネス(レッドソックス)と並びメジャー6位。ハードヒット率(95マイル=約153キロ以上の球を打つ確率)もメジャー10位の50.2%で、「特に打撃で際立った数字を残した」と記した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月29日のニュース