ヤクルト山田、18年は納得の「再」起 3度目トリプルスリー達成

[ 2018年12月29日 05:30 ]

色紙に「再」と記した山田哲
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲が2年ぶり3度目のトリプルスリーを達成した今年を振り返って、漢字を「再」と記した。「今年のチームのスローガンも再起を掲げ、自分もそういう思いでやってきた。完璧ではなかったけど、納得のいくシーズンを送れた」。

 96敗を喫して最下位に沈んだ昨季は自身も不振に苦しみ、固い決意で臨んだ一年。悔しさを力に打率・315、34本塁打、33盗塁を記録し、チームを2位に浮上させた。年明けは例年通り愛媛・松山で川端らと合同自主トレを行う。チームが「躍進」をスローガンに掲げる来年も背中でチームを引っ張っていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月29日のニュース