【18年物故者追悼】星野仙一さん がん闘病明かさず“闘将”全う

[ 2018年12月29日 08:09 ]

常に強気のスタイルで周囲を引っ張った「燃える男」星野仙一氏
Photo By スポニチ

 「闘将」がこの世を去って、もうすぐ一周忌を迎える。楽天の球団副会長だった星野仙一さんが70歳で亡くなったのは1月4日。がんで闘病していることは周囲に明かさなかった「燃える男」。球団側は「人前では常に強気を貫いた“星野仙一”のスタイルを最後まで全うしようとした」。息を引き取る直前まで、春季キャンプ前のコーチ会議の出席を願っていたという。

 楽天はオープン戦などで献花台を設置。3月19日に都内で行われた「お別れの会」では球界、芸能界などから約1500人が別れを惜しみ、一般献花では1650人が花を手向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月29日のニュース