巨人・小林&吉川光 広陵OBの野球教室参加「野球が楽しいと思ってもらえるように」

[ 2018年12月29日 16:17 ]

広陵高校の野球教室に参加し子供たちに囲まれ笑顔の巨人・小林(中央) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 巨人・小林誠司捕手(29)と吉川光夫投手(30)が29日、広島市内の広陵高校で行われた同校出身のプロ野球選手による野球教室に参加した。

 前夜から降った雪の影響でグラウンドが使用できず室内練習場での開催となったが、小学生はプロ野球選手の指導に目を輝かせて聞き入った。小林は「年に一度、広陵に来ると新鮮な気持ちで初心に戻る。(子供たちに)野球が楽しいと思ってもらえるように」と、キャッチボールなどを指導した。

 吉川光は今季、先発と中継ぎで計22試合に登板して貢献したが、来季は中継ぎ一本で勝負する。背番号は、今季限りで引退した9年連続60登板の山口鉄が背負った「47」に変更される。自身としては初めて中継ぎに絞った状態でオフを過ごすが「未知数なので、今までのトレーニングを継続したい。しっかりやる」。春季キャンプから、首脳陣と相談しながら中継ぎ調整に入る見通しだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月29日のニュース