楽天・高梨 大幅増5500万円 たっぷり1時間半交渉、納得のサイン「意見を言い合える時間」

[ 2018年12月6日 13:26 ]

契約更改を終えた楽天・高梨
Photo By スポニチ

 楽天の高梨雄平投手(26)が仙台市内の球団事務所で契約更改を行い、2500万円増の5500万円でサインした。

 2年目の中継ぎ左腕は、今季70試合に登板し、1勝4敗、防御率2・44、16ホールド。登板試合数は球団史上最多だった。事前の話し合いの末、保留も辞さない姿勢で臨んだ交渉は1時間30分を超えたが「意見を言い合える時間を持たせてもらった」と、納得してサイン。「(昇給分で)ソムリエナイフでも買おうかな」と、最近はまっているワインの話で会見を盛り上げた。

 来季に向けた決意を書き込む色紙には起承転結の「起」の文字を書き込んだ。今年は侍ジャパンにも初選出され、日米野球にも出場した。「(五輪が)東京で、自分のキャリアとも重なることはない」と、20年の東京五輪出場を視野に入れた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月6日のニュース