ドラ1甲斐野、目標は新人王「ストレートと気持ちでねじ伏せたい」 ソフトB新入団会見

[ 2018年12月6日 16:23 ]

ソフトバンク新入団選手発表会見で、記念撮影に納まるソフトバンク新入団選手。(前列左から)甲斐野、工藤監督、 杉山、(後列左から)水谷、野村、泉、板東、奥村(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは6日、福岡市内のホテルで新入団会見を行い、工藤公康監督(55)、ドラフト1位の甲斐野央投手(22、東洋大)ら支配下7選手、育成4選手、計11選手が出席した。

 159キロ右腕の甲斐野は目標に「新人王」を掲げ、「球速にこだわりがある。ストレートと気持ちでねじ伏せたい」と力強かった。背番号は20。

 大学・社会人出身の選手が多く、指揮官は「即戦力でチームに貢献してくれる選手をとることができて良かった。全てにおいて期待している」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月6日のニュース