ハム西川2年総額4億円でサイン「年俸に見合った実力出さないと」

[ 2018年12月6日 05:30 ]

報道陣が用意したくす玉を割りガッツポーズする西川(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 盗塁王とゴールデングラブ賞を獲得した日本ハム・西川が札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2年総額4億円プラス出来高払いでサインした。FA権取得前の複数年契約は、球団ではダルビッシュ(現カブス)らごく一部の主力だけ。一流選手の仲間入りに「(複数年でも)甘んじることはないと評価していただいた。年俸に見合った実力を出さないといけない」と気を引き締めた。

 順調にいけば20年オフに国内FA権を取得予定。吉村浩GMは「安定した成績を残している。(FA権取得まで)集中してやってもらいたい」と説明した。来季の目標には打率3割を挙げ、今季首位打者のソフトバンク・柳田らの「上に立ちたい」と宣言した。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月6日のニュース