ソフトB高橋礼200万円増で更改「来年は先発ローテ狙う」

[ 2018年12月6日 05:30 ]

200万円アップの1400万円でサインした高橋礼(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・高橋礼が、200万円アップの年俸1400万円で来季の契約を更改した。1年目の今季は先発、中継ぎで12試合に登板し0勝1敗。プロ初勝利はお預けとなったがCS、日本シリーズも経験。11月の日米野球で侍ジャパンに名を連ねた。「真っすぐに自信を持って勝負できるようになったのが一番。来年は先発ローテを狙っていきたい」と先発にこだわる姿勢を示した。

 オフには専大松戸(千葉)の先輩にあたる日本ハム・上沢の自主トレに同行予定で「完投もできて、ケガもなかった。先発としての練習をさせてもらうつもり。たくさん勉強したい」と先発の心得を学ぶ構え。1年目で見えた課題については左打者の攻め方とセットポジションでの投球を挙げ「規定投球回とは言えないが、少しでも近づければ」と意気込んだ。

 ○…ソフトバンク・岡本が100万円アップの年俸1500万円でサインした。5年目の今季は23試合に登板し1勝0敗、防御率3・05の成績を残し「最後はケガをしてしまって悔いが残る。来年は自分にプレッシャーをかけてやりたい」と力を込めた。9月に手術を受けた右肘の状態は良好で「キャンプまでにしっかりできるように」と話した。

 ○…7月にトレード移籍で阪神から加入したソフトバンク・松田遼は100万円ダウンの1400万円でサイン。1軍では2試合の登板に止まり、「もっとやれたシーズン。来年に向けて今からしっかりやっていきたい」と切り替えた。1月の自主トレは同学年の武田と行う予定。「チームの日本一はテレビで見ていたので、来年はその輪に入れるように」と50試合登板を目標に掲げた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月6日のニュース