ソフトバンク・王会長 報徳学園・小園の1位指名を公表 重複の場合は「監督に頑張ってもらってね」

[ 2018年10月24日 17:17 ]

ソフトバンクの王会長
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・王貞治球団会長が25日のドラフト会議で報徳学園の小園を1位指名することを公表した。

 「今年は小園でいく。単独にはならないだろうから、そのときは監督に頑張ってもらってね」と話した。

 小園は俊足好打の内野手で、守備も武器。報徳学園では1年春から1番遊撃に抜擢され、甲子園デビューとなった2年春は1回戦で本塁打を放った。今夏の甲子園は2回戦・聖光学院戦で大会タイ記録となるの1試合3二塁打8強入りに貢献。2年連続で高校日本代表入りし、今年のU18アジア野球選手権では1番打者を務めた逸材だ。

 ◆小園 海斗(こぞの・かいと)2000年(平12)6月7日生まれ、兵庫県宝塚市出身。逆瀬台小1年から宝塚リトルで野球を始め、投手と遊撃手。光ガ丘中では枚方ボーイズに所属。報徳学園では1年春からレギュラー。2年春に甲子園4強。今夏の甲子園は8強入りに貢献。2年連続でU―18日本代表。50メートル走5秒8。遠投110メートル。1メートル78、79キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年10月24日のニュース