オリ西村新監督「絶対引き当てる」根尾、小園がドラ1候補

[ 2018年10月24日 05:37 ]

オリックス・西村新監督
Photo By スポニチ

 オリックス・西村新監督が25日のドラフト会議での“大仕事”に意欲を見せた。「競合指名になった時に誰がくじを引くのかはまだ決まってないが、そうなった時は“絶対引き当てる”という風にやらないと」

 24日の前日会議で最終決定されるが、1位は報徳学園・小園海斗内野手、大阪桐蔭・根尾昂内野手が候補。両選手ともに競合する可能性が高く、抽選クジを引くのは避けられない情勢だ。

 昨年、福良監督が田嶋を西武と競合の末に引き当てて抽選は05年から11連敗で止めた。西村監督もロッテ時代に抽選は2勝1敗の実績を持つ。10年の斎藤佑樹は外したものの、外れ1位の競合で伊志嶺翔大を射止め、11年は3球団競合の藤岡貴裕を引き当てている。くじ引きの人選に関して長村球団本部長は「監督に引いてもらうことになる」と話しており、何球団による競合になろうが西村新監督の自信にかけるしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月24日のニュース