【最優秀バッテリー賞 選考過程】最後まで悩んだ菅野―小林 1票差大接戦

[ 2018年10月24日 05:30 ]

選考会に出席した(後列左から)野村氏、牛島氏、中畑氏、東尾氏、有藤氏、張本氏(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 選考ではセの受賞者を巡って激論が展開された。名前が挙がったのは優勝した広島の大瀬良―会沢と、巨人の菅野―小林。前広島監督の野村氏は「OBとしては2人にあげたいが、菅野は後半の一番肝心なところで活躍した」。牛島氏も「菅野は10完投など抜けた存在」と、巨人バッテリーに票を投じた。

 一方で「会沢のチームを引っ張っていく姿勢は優勝の原動力」と中畑氏。規定打席不足ながら打率.305、13本塁打の打撃面も含め貢献度を高く評価した。最終的には大瀬良―会沢が5票、菅野―小林が4票の大接戦。そんな中で「まだ迷っている。菅野に特別賞を」(有藤氏)との声が上がり、10年ぶりの特別賞受賞が決まった。張本氏は「打高投低の時代に8完封、200イニングに200奪三振。菅野は光りすぎている」と称えた。

 パは優勝した西武勢の争いで最多勝の多和田―森が8票に対して菊池―炭谷は1票。森の捕手としての成長も評価され、東尾氏は「辻監督が思い切って使った。盗塁阻止率も.373と高い。見直した」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月24日のニュース