巨人 ドラフトで根尾1位指名を公言「何があっても根尾君」

[ 2018年10月24日 14:16 ]

大阪桐蔭の根尾
Photo By スポニチ

 巨人は、明日25日に開かれるドラフト会議で、大阪桐蔭・根尾昂内野手を1位指名することを公言した。

 この日、都内の球団事務所内でスカウト会議を行い、終了後に長谷川スカウト部長が「1位は根尾で行きます。監督を含めて映像を全員で確認して頂いて、1位は何があっても根尾君と決めた」と明言した。

 高校生ではトップクラスの身体能力を持ち、遊撃手では「ポスト坂本勇」としての期待が持てる。投手でも最速150キロの直球を投げる。二刀流についても「基本的にはショートですが、本人が投手をやりたいということなら、彼の意向に沿うと監督も言っていた」と可能性を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月24日のニュース