パドレス ベンチコーチのマグワイアが今季限りで退任 本人が球団に申し出

[ 2018年10月24日 09:16 ]

パドレスのマーク・マグワイア・ベンチコーチ(AP)
Photo By AP

 大リーグの公式サイトは23日、パドレスのマーク・マグワイア・ベンチコーチ(55)が今季限りで退任すると報じた。家族との時間を優先させるため、本人が球団に退任を申し出たという。

 マグワイアは現役時代に大リーグ歴代11位となる通算583本塁打をマーク。1998年には当時のシーズン記録となる70本塁打を放った。引退後はカージナルスとドジャースで打撃コーチを歴任、パドレスのベンチコーチには2016年から就いていた。

 今季のパドレスは66勝96敗と大きく負け越し、ナ・リーグ西地区最下位に低迷。12年連続でプレーオフ進出を逃した。日本人選手は牧田が所属し、救援投手として27試合に登板して防御率5・40という成績だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月24日のニュース