巨人・畠 来季は「先発」に意欲 ジャイアンツ球場で自主練習

[ 2018年10月24日 14:55 ]

巨人の畠
Photo By スポニチ

 巨人の一部ナインが24日、川崎市のジャイアンツ球場で自主練習を行った。投手陣では野上、沢村、畠、田口らが来季に向けてすでに始動。それぞれが、キャッチボールなどで汗を流した。

 今季は腰痛で春季キャンプから出遅れた畠は、チーム事情もあり9月の1軍復帰後はセットアッパーを務めた。22日に始動した際には「任されたところで投げることが一番」と前置きした上で「先発で投げてみたいという思いはあります」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月24日のニュース