駒大・辻本9K今季初完封 V望みつなぐ「できることを全力で」

[ 2018年10月24日 05:30 ]

東都大学野球   駒大4―0国学院大 ( 2018年10月16日    神宮 )

完封勝利の先発・辻本(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 駒大はエース右腕の辻本が好投し優勝に望みをつないだ。

 負ければ優勝がなくなる大一番にも「自分がやれることをしっかりやろう」と6安打9奪三振の力投で今季初完封勝利。四球から失点につながった今春の反省から「カウントが悪くなっても四球よりホームランを打たれた方がいい」とピンチを招いても真っ向勝負を貫いた。14年秋以来、28度目の頂点に向け「勝負していく姿勢を崩さず、全員で、できることを全力でやっていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月24日のニュース