全パ近藤「雲の上の存在」横浜の先輩・松坂から球宴初安打

[ 2018年7月14日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2018第1戦   全パ7―6全セ ( 2018年7月13日    京セラD )

<全パ・全セ>初回1死、近藤は松坂から中前打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 全パの近藤(日本ハム)が「雲の上の存在」と話した横浜の先輩・松坂から球宴初安打を放った。

 初回に136キロのカットボールを中前に運び「どんな球でもフルスイングをしようと思っていたので結果を出せて良かった」と笑顔だった。その後の2打席は凡退したが、初めての舞台に「シーズン中と違う雰囲気で打席に立てて面白かった」と満喫した様子だった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年7月14日のニュース