全パ・岸は全球種駆使して2回無失点「筒香君から真っすぐで三振を取れたのが良かった」

[ 2018年7月14日 20:13 ]

マイナビオールスターゲーム2018第2戦   全セ―全パ ( 2018年7月14日    熊本・藤崎台 )

<全セ・全パ>全パ先発・岸(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 楽天の岸は全パの先発を務めて2回無失点と役目を果たした。直球勝負を挑む投手が多い中、「持っている球種を全部使いたい」と切れのある直球に変化球を織り交ぜた。1回1死二塁ではロペスを111キロのカーブ、筒香を146キロの直球とDeNAの強打者2人を連続三振に仕留めた。

 前半戦では8勝1敗、防御率1・85と規定投球回に達したパ・リーグの投手の中で、ただ一人、1点台をマークしている。「筒香君から真っすぐで三振を取れたのが良かった」と汗を拭った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月14日のニュース