筒香 ホームランダービー決勝進出 火がついた準決勝14発

[ 2018年7月14日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2018第1戦   全セ6―7全パ ( 2018年7月13日    京セラD )

<全パ・全セ>ホームランダービーで決勝進出を決めた筒香は投手を務めたロペス(右)と笑顔を見せる(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ホームランダービー初日は全セ・筒香(DeNA)が制した。今年からファン投票で選出されたセ・パ4人ずつのトーナメントとなり、3分間の球数無制限で競い合う新方式。

 筒香は1回戦で9本を放ち、2本に終わった中田との「侍ジャパン対決」を制した。2回戦では先攻の吉田正の10本に対し、14本と爆発。「(投手役を務めた)チャモ(ロペス)が、凄く打ちやすいボールを投げてくれた」。14日は柳田ら4人が争い、筒香は勝ち抜いた選手と決勝を戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月14日のニュース