【張本勲氏 セ順位予想】「最も戦力整った」由伸巨人、勝負の3年目

[ 2018年3月28日 10:00 ]

スポニチ本紙評論家セ・リーグ順位予想

巨人の岡本
Photo By スポニチ

 戦国「混セ」が幕を開ける。30日のセ・パ同時開幕まであと2日。スポニチ評論家陣によるセ・リーグ展望では、優勝予想が広島3人、DeNA3人、巨人2人、阪神1人と4球団に割れた。広島の3連覇か、それとも他5球団が阻止するのか。群雄割拠の熱いシーズンになりそうだ。

 【順位予想】1位・巨人、2位・阪神、3位・広島、4位・DeNA、5位・ヤクルト、6位・中日

 巨人はゲレーロ加入で4番が固定できたのが大きい。オープン戦4本塁打、12球団トップの15打点をマークした岡本も楽しみな存在になった。上原が加わり、沢村が復調気配の中継ぎ陣も強力。高橋監督は就任3年目だが、最も戦力が整ったのではないか。苦しかった過去2年に比べて、より手腕が問われる一年になる。

 阪神も4番が浮沈の鍵を握る。新助っ人ロサリオは打率・143、1本塁打とオープン戦の状態はいまひとつだった。シーズンでは本人と首脳陣の我慢比べ。早い段階で調子を取り戻したい。投手はリリーフ陣が充実。藤浪がキーマンになりそうだ。その2球団に3連覇を狙う広島と、昨季のCS、日本シリーズでの経験が貴重な財産となっているDeNAまでが4強。接戦で順位は動くだろう。

 ダークホースはDeNAだが、主砲・筒香の活躍が不可欠。打撃3部門でキャリアハイ、3冠王も狙えるような成績でチームを引っ張ってほしい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月28日のニュース