【有藤通世氏 セ順位予想】1位はDeNA!日本S経験+大和加入でより強固に

[ 2018年3月28日 10:05 ]

スポニチ本紙評論家セ・リーグ順位予想

DeNAの筒香
Photo By スポニチ

 戦国「混セ」が幕を開ける。30日のセ・パ同時開幕まであと2日。スポニチ評論家陣によるセ・リーグ展望では、優勝予想が広島3人、DeNA3人、巨人2人、阪神1人と4球団に割れた。広島の3連覇か、それとも他5球団が阻止するのか。群雄割拠の熱いシーズンになりそうだ。

 【順位予想】1位・DeNA、2位・巨人、3位・広島、4位・阪神、5位・ヤクルト、6位・中日

 遊撃を守る大和のFA加入で、DeNAはセンターラインがより強固になった。打順も2番。スイッチヒッターで何でもできる。それだけに次を打つ3番の主砲・筒香の打撃が鍵を握るだろう。

 2月のキャンプを見た際にも「俺たちはやれる!」という強い意気込みを感じた。昨季の日本シリーズでは王者ソフトバンクに2勝。敗れはしたが、その経験は大きな自信と財産になっているだろう。今永、浜口らを欠いて開幕を迎えるだけに、勝負は球宴後か。

 巨人は岡本や吉川尚らの成長でチームが活性化している。先発陣にやや不安が残るだけに、昨季6勝の畠の復帰時期も気になる。広島には昨季7勝18敗。苦手チームをつくらないのはV奪回への鉄則。広島相手に今季はどんな戦いを見せるか。

 阪神までは3位以内の可能性がある。ヤクルトでは山田哲への期待感が大きい。オープン戦では4本塁打。再びトリプルスリーに近い成績を残せば、チーム浮上の目も出てくる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月28日のニュース