【伊東勤氏 セ順位予想】パの野球に近い広島打線 脅かす一番手は阪神

[ 2018年3月28日 10:30 ]

スポニチ本紙評論家セ・リーグ順位予想

広島の鈴木
Photo By スポニチ

 戦国「混セ」が幕を開ける。30日のセ・パ同時開幕まであと2日。スポニチ評論家陣によるセ・リーグ展望では、優勝予想が広島3人、DeNA3人、巨人2人、阪神1人と4球団に割れた。広島の3連覇か、それとも他5球団が阻止するのか。群雄割拠の熱いシーズンになりそうだ。

 【順位予想】1位・広島、2位・阪神、3位・巨人、4位・DeNA、5位・ヤクルト、6位・中日

 広島は戦い方がパ・リーグの野球に近い。取れる時にとことん点を取る。各野手は持ち場を理解し、安定感は一番。何より選手が元気だ。2軍も生きがいいし、すぐ下から新しい選手が出てくる。

 脅かす一番手が阪神。ブルペンに安定感がある。打線は高齢化が気になるがロサリオの補強は大きい。大山もどうひと皮むけるか。若手が楽しみなのが巨人。生え抜きとなる岡本、吉川尚らが成長気配をうかがわせた。シーズンはオープン戦と別物。ここは高橋監督がどこまで我慢できるか。今季は勝負の年になる。ゲレーロら外国人も元気ならば優勝も十分狙えると思う。

 DeNAはまずケガ人が早く戻ることだろう。今永、石田、浜口の左腕トリオは楽しみだし、東も加わる。流れに乗れば爆発力はあるチーム。ヤクルトはキャンプから凄い練習量をこなしてきた。打線は元々得点力がある。昨季の数字はあれだけ故障者が出れば度外視すべきで、投手陣をいち早く整備したい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月28日のニュース