ジーター氏 大谷二刀流に理解も「1年通すの簡単ではない」

[ 2017年11月17日 05:30 ]

囲み取材に応じるマーリンズのデレク・ジーターCEO
Photo By スポニチ

 ヤンキースの元主将でマーリンズの最高経営責任者(CEO)に就任したデレク・ジーター氏が、大谷の二刀流について「才能ある選手ならできないことはない」と話した。初出席となったオーナー会議の前に取材対応。カージナルスで通算13勝、76本塁打を挙げたリック・アンキールを思い出したといい「シーズンを通して二刀流は簡単ではない」とも指摘した。

 球団が持つ来季契約の選択権を行使しなかったヤ軍時代の同僚、イチローと直接会って話したことにも触れ「組織として別の方向に踏み出す、と伝えた。彼は理解してくれた」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月17日のニュース