名手・桑原 目測ミスを猛省「ああいうプレーで流れ変わる」

[ 2017年11月17日 07:44 ]

アジアチャンピオンS予選リーグ   日本8―7韓国 ( 2017年11月16日    東京D )

5回無死一塁、日本・桑原が遊ゴロでヘッドスライディングするもアウト
Photo By スポニチ

 侍ジャパンは先制した直後の4回、守りでミスが出た。逆転され、なお2死満塁のピンチ。2番・李政厚(イジョンフ)の左中間への浅い飛球を中堅・桑原が目測を誤り、スタートが遅れた。左翼手・外崎が飛び込んだが、グラブは届かずに2点二塁打にされた。

 今季、ゴールデングラブ賞を受賞している桑原は「自分のミスです。短期決戦はああいうプレーで流れが変わる」と反省の言葉を並べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月17日のニュース