ソフトB 日本S進出王手 内川CS史上初4戦連発!中村晃が2戦連続V弾!

[ 2017年10月21日 16:25 ]

パCSファイナルシリーズ第4戦   ソフトバンク4―3楽天 ( 2017年10月21日    ヤフオクD )

<ソ・楽>6回無死、ソロを放った内川はナインの出迎えを受ける
Photo By スポニチ

 リーグ優勝のソフトバンクが、内川聖一外野手(35)のCS史上初となる4試合連続本塁打の活躍などでリーグ3位の楽天に逆転勝ち。対戦成績をアドバンテージ1勝を含めた3勝2敗とし、2年ぶりの日本シリーズ進出へ王手を掛けた。22日に勝つか引き分けると日本シリーズ進出が決まる。

 3回までに2点をリードしたものの、4回にはバッテリーエラーなどで追いつかれ、5回には勝ち越しを許す展開。それでも1点を追う6回、先頭の内川が楽天2番手・宋から4試合連続本塁打となる左越え弾を放って同点に追いつくと、前戦で決勝2ランを放った中村晃が右越えへソロで続いて逆転した。

 5回途中以降は、救援陣が奮闘した。嘉弥真、石川、モイネロと無失点でつなぎ、8回か2死からは守護神・サファテが登板。最後を締めた。

 楽天は先発の岸が5回2失点と粘投。打線も一時は2点のビハインドをひっくり返したが、3連投となった2番手・宋が2連発を許す誤算。チームは連勝から連敗を喫し、4年ぶり日本シリーズ進出へ後がなくなった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年10月21日のニュース