ドジャース・ヘルナンデスが自身初3発 シリーズ最多7打点

[ 2017年10月21日 05:30 ]

ナ・リーグ優勝決定S第5戦   ドジャース11―1カブス ( 2017年10月19日    シカゴ )

2回、ソロ本塁打を放つドジャースのヘルナンデス(共同)
Photo By 共同

 ドジャース打線が11得点と爆発。6番のヘルナンデスが自身初の3本塁打で、優勝決定シリーズ新記録の1試合7打点をマークした。2回に中越えへソロを運ぶと、3―0の3回にはダメ押しの満塁弾。9回にも2ランを放ち「信じられない。3本目を打った時は何だかわけが分からなかった」。

 1試合3発を記録したのは、ポストシーズン史上10人目。また、同シリーズのMVPには攻撃をけん引したテーラーとターナーが選ばれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月21日のニュース