ソフトB先発和田 反省5失点「自分にいら立った。まだまだ」

[ 2017年10月21日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第3戦   ソフトバンク7―5楽天 ( 2017年10月20日    ヤフオクドーム )

初回、島内に適時打を打たれガックリの和田(中)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク和田は5回を9安打5失点と精彩を欠き、2度のリードを守れなかった。チームが競り勝ったことを喜びつつ「自分にいら立った。まだまだ駄目」と反省を口にした。

 味方が逆転した直後の2回に2―3とひっくり返された。5―3の5回にはアマダーに同点2ランを被弾。3者凡退は一度もなく、試合をつくれなかった。

 ▼ソフトバンク・サファテ(9回に今シリーズ初登板で3者凡退)リードしてくれ、自分の仕事ができた。このチームには経験がある。

 ▼ソフトバンク王貞治球団会長 中村晃といい、内川の3ランといい、やっぱりホームランの威力は大きい。1つ勝つと全然違う。選手たちは楽になる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年10月21日のニュース